ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:美容 ( 250 ) タグの人気記事

[政府広報の記事がオレンジページに掲載中]
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/josei_katsuyaku/magazine/detail_298.html
a0105397_13444515.jpg

ふくりびはママ美容師を応援しています!!
訪問理美容・医療用ウィッグの分野で、あなたの技術を活かして、たくさんの「ありがとう」が得られる仕事です。
子どもさんが小さくても、理美容師としての経験や資格を活かせる職場です。
【ブログを見たよ、紹介歓迎】
【転送歓迎】
新年度、新規訪問先増加に伴い、
求む、即戦力!!
介護施設・居宅への訪問理美容スタッフを募集します。
今回は、即戦力を募集します。
完全土日祝日休み
短時間(午前中だけ、午後だけ)勤務可能
週1勤務でも可能!!
訪問理美容師として、活躍しませんか?
介護福祉研修があるので安心です。
▼採用人数:3名
▼雇用形態:パート・アルバイト
▼勤務先:名古屋市・長久手町・日進市・東郷町、その他近郊介護施設及び高齢者等居宅
▼仕事内容: 介護施設及び居宅での理美容(カット・パーマ・カラーなど)
特に、ショートスタイルの得意な方、大歓迎
▼必要なスキル
・理容師・美容師免許所持(どちらか)
・理美容室での5年以上の勤務経験
・スタイリストとして2年以上カットを担当していた経験(アシスタント勤務のみは不可)
・介護福祉士資格、ヘルパー2級所持の場合、優遇
▼ 勤務時間:
  9:00~17:00 完全シフト制です
 ※子供さんの学校行事など、シフト制なので、気にせず休んでいただけます。
▼ 休日:土曜、日曜、祝日、年末年始、夏季
▼給与:時給1200円+能力給
▼必要な資格
 理容師・美容師免許
▼応募方法:
電話連絡の上、履歴書持参で面接
▼●お問合せ:事務局長 岩岡
052-801-5203
info@fukuribi.jp
[PR]
by fukuribi | 2015-03-18 13:46 | 実績のご紹介
第一章はこちらから
①19年に亘る福祉理美容活動のきっかけhttp://fukuribi.exblog.jp/19439399/
②ありがとうのありがたさhttp://fukuribi.exblog.jp/19455906/

第二章
③第一の壁http://fukuribi.exblog.jp/19465218/
④地域一番店になりたいhttp://fukuribi.exblog.jp/19535345/
⑤飛び込み営業で突然始めた「訪問理美容」http://fukuribi.exblog.jp/20800324/
⑥一人のおばあちゃんと向き合い、訪問理美容を広げる決意をする
http://fukuribi.exblog.jp/20828589/

第三章
⑦第2の壁は2重構造!?
自分と同じように訪問理美容を通して、いろんなことに気付いて欲しい。と、順にスタッフを介護施設へ連れて行った。

スタッフだけに任せるようにもなってきたある日、忘れ物を届けるために、施設に顔を出すと、スタッフの一人が認知症のお客さんを雑に扱っているのを見て、大きなショックを受ける。
「あれだけ教育したつもりでも、自分のスタッフがサロンではお客様を大事にするのに、介護施設では、なぜ同じように、できないのだろう?」
目の前のお客様に向き合って欲しかった。

当時サロンのカット代は3600円、対して施設では500円
安い仕事だと考えて手抜きをしているスタッフを見て、悲しくなった。
そして大切なことを上手に伝えられない自分を情けなく思った。
「技術だけではなく、心の教育もしていかないといけない。お客様に寄り添える福祉理美容師を育てたい」と強く思った。
しかし、この思いが空回りをし続ける。

定休日に続けていた訪問理美容。
サロンスタッフからは「定休日に仕事したくない、高齢者とか興味ない、カッコ悪い」と言われ、反発された。

「2店舗目を出すんじゃないんですか?」

理美容業界では、一般的に、店舗を展開していくことが「すごい」という価値観であり、またそんな時代でもあった。
「今後、お客様と向き合って仕事をしていく上で、絶対に福祉理美容という考え方は重要だ、もっとこの分野での活動を広げて行きたい」という僕は、スタッフと真っ向対立。

技術も想いも上手に伝えることができず、プレッシャーや自信の無さから、イライラして、怒ってばかりの毎日。
今考えれば、僕が経営者として未熟で、自分の仕事への価値観をスタッフに押し付けていただけで、彼らの思いや不安に寄り添えていなかったのだけれど、当時はもう必死だった。

技術面での自信の無さと、経営者としての勉強不足の2重構造になった大きな壁が、このあと数年に亘り、目の前にそびえ立つ。

朝礼・夕礼で、毎日毎日熱く語り続け、うざい「説教社長」に。
深夜12時を回ってもサロンで練習やミーティングをしている日が続き、身も心もボロボロ、社内ではストレスMAX。
社外で他職種の経営者に色々と相談をするものの、元来すぐに人を信じてしまう僕は、結局騙され、安易に高額の契約をしてしまったり、飲み代を払わされたり。
まったくもって、八方美人は八方塞がりである。

2号店出店を検討し、経営セミナーに出たりするものの、自分の経営スタイルを見いだせず、悩む。

模索しながら、クリスマスのイルミネーションを始めたり、小学校でイベントやったり、カブトムシ配ったり、お祭りで金魚すくいやったり、もう、ありとあらゆるチャレンジをし続ける。
地元の名物店として、行政の広報の表紙を飾ったり、新聞に載ったり、TV局までが来はじめる。
が、心の底からスタッフを信用することができず、誰にも本当の気持ちを打ち明けられず、孤独感は増すばかり。
置き手紙一つで突然離職されたり、レジから売上をくすねるスタッフがいたりと、もう毎日が面白いくらいに上手くいかない。

どうする?俺!!! 
a0105397_1544177.jpg

a0105397_153121.jpg

a0105397_155577.jpg
a0105397_155299.jpg

⑧壁の向こうにあったもの に続く
[PR]
by fukuribi | 2015-02-07 15:06 | ふくりびのつぶやき
第一章はこちらから
①19年に亘る福祉理美容活動のきっかけhttp://fukuribi.exblog.jp/19439399/
②ありがとうのありがたさhttp://fukuribi.exblog.jp/19455906/

第二章
③第一の壁http://fukuribi.exblog.jp/19465218/
④地域一番店になりたいhttp://fukuribi.exblog.jp/19535345/
⑤飛び込み営業で突然始めた「訪問理美容」http://fukuribi.exblog.jp/20800324/

⑥一人のおばあちゃんと向き合い、訪問理美容を広げる決意をする

4月になり、初めて一人で介護施設へ足を踏み入れた。

そこで、僕は驚愕の事実に出くわす。
「老人ホームカット」
女性も男性もみんな一緒の後ろ姿、刈り上げて短いスタイル。
介護度の高い入居者は、介護職員が、男女問わず丸坊主にしていた。

鏡も無い部屋で、その人らしさや希望は聞かずに、介護しやすい短い髪にしてしまっているのだということに気づいた。

まず、介護職員との感覚のズレを感じた、「短くなればいいから、早くやって」と言われた。
「はい、早く、そして可愛くしておきます」と言って、持ってきた鏡を目の前に立てかけて、即席のカットスペースを作った。

暴れながら、カットを嫌がり、泣き叫ぶおばあちゃんと出会った。
「この人ボケているから大変だけど、よろしくね」と意地悪そうに職員さんが言った。
入所したばかりの、そのおばあちゃんは、職員さんが言うように、確かにボケていた。
話は噛み合わないし、首もグラグラ動くし、認知症(当時は痴呆老人と呼ばれていた)の方とお話するのも初めての僕は、戸惑いながらも、鏡を見せてこういった。
「今日はどんな風にカットしましょうか?ご希望を聞かせてください」と

「みんなと一緒の老人ホームカットは、嫌だ!!!」

認知症が進んでいても、鏡で自分の髪型を見て嬉しそうにしたり、眉カットしてあげると恥ずかしそうにしたり、「何だ、ちっともボケていないじゃないか」と僕は思った。

次の月に訪れると、僕の事を覚えてくれていて
「兄ちゃん、兄ちゃん、髪型気に入ったよ、ありがとう」と言ってもらった。
年をとっても、障害があっても、お客様はみんな、綺麗になりたいと思っていて、それは
当たり前のニーズだけど、介護の現場ではまだまだ難しいことなのかもしれない。
もちろん、介護の現場では、衣食住の支援、病気や他の問題は山積み。

でも僕は、介護の現場でいつか「理美容や外見のサポートって大事!」と言ってもらえる日まで、それを続けていくことを決めた。

その後、介護についての勉強を重ねる中で、認知症になって、記憶が曖昧になってきても、「行動記憶」は比較的最後まで残るということを知った。

美容室・理容室でどうしていたか、パーマ液やポマードの匂い、頭を触られる感触、ハサミの音を、人間は最後まで覚えているということだ。
だから、認知症で周辺症状が酷い方も「パーマ屋ですよ、○○様、今日はパーマかけましょうか?」と声をかけると「ええ、そうしてちょうだい」とマダムのような表情で落ち着いて、クロスを巻かせてもらえる事もある。
「福祉理美容」
人の記憶の中に、最後まで残る素敵な仕事をしている。
そう毎日感じている。
a0105397_1616677.jpg

第三章
⑦第二の壁 につづく…
[PR]
by fukuribi | 2015-01-31 16:19 | ふくりびのつぶやき
第一章はこちらから
①19年に亘る福祉理美容活動のきっかけhttp://fukuribi.exblog.jp/19439399/
②ありがとうのありがたさhttp://fukuribi.exblog.jp/19455906/

第二章
③第一の壁http://fukuribi.exblog.jp/19465218/
④地域一番店になりたいhttp://fukuribi.exblog.jp/19535345/
a0105397_150429.jpg

⑤飛び込み営業で突然始めた「訪問理美容」
定休日に車でたまたま通り過ぎた名古屋市の古い老人ホーム、
「誰がここのお年寄りの髪の毛切っているんだろう?」素朴な疑問が浮かんだ。
それと同時に「オイスカで続けているボランティアカット、ここでやれないのかなあ?サロンのスタッフにも僕と同じような経験をさせたい。」と思った僕は瞬間的に、施設の入口に立っていた。

「この施設で、ボランティアで髪の毛切らせてください。」
介護の事も何も知らない27歳の若造の熱意は、奇跡を起こす。
「ちょうど4月から新年度で、契約を変えられるから、1人500円しか払えないけど、やってみたら?50人くらいいるけど、やれる?」
「ありがとうございます!!やれます、やれます!!毎週でも来ます」

こうして、平成7年4月に、福祉理美容活動の第一歩を踏み出すことになる。
営業初体験の僕は、ビギナーズラックで50名の入所者の契約に成功。以来20年間こちらの施設に訪問させていただいている。

この話をすると、「なんて、タイミングの良い人だろう、運が良いですよね」と言われる。
勿論その通り。自分でも運は良いと思う、恵まれているとも思う。

でも、それだけではない。

こういう時、きっと他の人たちはもっと色々と調べてから、もっときちんと考えてから行動に移そうと考えるのだと思う。
でも、僕は違う。思考と行動は直結だ。

それは、短所でもあるかもしれない。
人には良く、「もっと考えてから行動しないとダメですよ、リスクとかだってたくさんあるでしょう」と批判され続けた。
確かにそのせいで、失敗したり、色々と苦労したりもした。悩んだ時期もあった。

しかし、今は、それこそが自分の強みだと、自信を持って言える。
僕のその強みを活かしてくれる仲間たちに出会い、支えてもらっているおかげで、「やってみたい」と思う自分の気持ちに、いつも正直に行動できる。
その積み重ねが、今の活動に繋がっている。

「やってみたい」と思うことを、どうして今すぐやらないのか?
「よく考えて」いる間に、自分自身に、できない言い訳ばかりしているのではないのか?大体その「よく考えて」いるという間に、日々の出来事に忙殺されて、新しいことを始めるのをいつのまにか諦めるのではないのか?そして、ついには考える事もせずに直感的に諦め、「やってみたい」という気持ちすら湧いてこなくなる。

「とりあえず、今この瞬間に目の前の一人と向き合い、やってみること」と
「失敗するのを恐れて、結局やらないことによる機会損失」をどう捉えるのか?
僕は、1度きりの人生、後悔したくない。自分に言い訳せずに、毎日生きていきたい。

⑥一人のおばあちゃんと向き合い、訪問理美容を広げる決意をする
に続く…
[PR]
by fukuribi | 2015-01-25 14:57 | ふくりびのつぶやき
松阪版地域密着型介護情報誌「まつさかいご」いよいよ最終校正中です!!
もうすぐ発行~。
a0105397_9333747.jpg

こちらは2年前から取り組んでいる企画で、愛知学院大学ビジネス系学部の学生とともに
今までに名古屋近郊版を2号発行してきました。
取材に行ったり、記事をまとめたり、エリアリサーチという授業の中で取り組んでいます。
a0105397_9335972.jpg


今回は、みかたの松阪版ということで、訪問美容髪んぐさんと一緒に作成しています。
こちら、東海ゴム工業さんの「TRI 夢・街・人づくり助成金in 松阪・明和・多気・大台」の助成金を活用させていただき、また中部電力の特例子会社中電ウィングさんのデザイナーさんにデザインを担当していただいております。
a0105397_9331599.jpg


なぜ、福祉理美容のNPOが介護情報誌を出すのか?
という訳は、
美容だけで、高齢者や障害者のQOL(生活の質)が上がる訳ではなく、
「綺麗になったから出かけたい」とか「美味しいもの食べに行きたい」とか、
身だしなみを整えること、おしゃれを楽しむことで、
他のニーズにすべて繋がっていくと思っています。

また、多職種の専門家が介護に関わる事が本当に大事だと思っていて、
介護職だけが、介護の事を考えて、高齢者や障害者の専門家だけが取り組んでいても、

現在、我が国の総人口は、平成24(2012)年10月1日現在、1億2,752万人で、
65歳以上の高齢者人口は、過去最高の3,079万人(前年2,975万人)となり、
総人口に占める割合(高齢化率)も24.1%(前年23.3%)

特にサービス業においては、これからの日本社会で高齢者に喜んでもらえるサービスを
提供していく必要に迫られていると思います。
ホテルも、飲食店も、もちろん美容院も。
サービス業だけでなく、建設業や法律家、アパレルなども含めて、
皆で介護の問題を考えていく、喜んでいただけるサービスを新しく作っていく事が
必要だと、19年に亘り、訪問理美容サービスを提供してきて、そう感じています。

多職種協働で「得意を活かして」社会のために
設立から変わらない、ふくりびの想いです。

あなたの「得意」なことで、私たちと一緒に活動しませんか?
NPOふくりびでは企業や大学、他のNPOとの連携・協働を積極的に行っています。

詳しくは、
info@fukuribi.jpまでお問い合わせください。
[PR]
by fukuribi | 2014-07-20 10:40 | ふくりびのつぶやき
2014ビューティーキャラバン(高齢者施設おしゃれイベント)
ふくりび×東海ゴム工業×金城学院大学の大人気イベント
実施先施設の公募を開始しました。
名古屋近隣の介護施設限定実施となります。
800施設さんにご案内を郵送済みです。

詳しくは、info@fukuribi.jpまでお問い合わせください。

a0105397_11382227.jpg

a0105397_11384186.jpg


申し込み締切は8月8日(金)です。お早めにFAXにてお申し込みください。
[PR]
by fukuribi | 2014-07-13 11:41 | お知らせ
a0105397_9571854.jpg

第269回たいよう塾にて
「得意を活かして社会貢献
はさみ1本で世界を切る、そして世界を繋ぐ」というタイトルで
NPOふくりび理事長赤木と事務局長岩岡の2人がお話をさせて頂きます。

一般の方でも、理美容師さんでも、介護福祉関係者の方でも参加可能です。
「一度活動について聞いてみたい」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご案内ください。

最近、「一度お話を伺いたい」「お会いしたい」「相談に乗って欲しい」との電話やメールを良くいただきますが、
現在、お一人お一人とお会いしてお話をする時間を取れない状況です。

「福祉理美容」を始めてみたい理美容師の方、
高齢者や障害者への理美容ケアに関心のある介護職員の方
NPOの運営や事業型NPOの経営に関心のある、他のNPOの方
行政の方
NPOとの協働を模索していらっしゃる企業や事業者の方
などなど

オープン形式の講義や講演の予定があまりありませんので、
ぜひこの機会に気軽にお越しいただければと思っております。

7月15日(火)19:30~21:00
長久手市根嶽101番地ほとぎの家(愛知たいようの杜)
参加費1000円

お申し込みやお問い合わせは
ふくりび事務局で代行します
できるだけメールでのお申し込みをお願いします
info@fukuribi.jp
[PR]
by fukuribi | 2014-07-06 10:11 | お知らせ
Ready for?というクラウドファンディングのサイトで下記のプロジェクトに挑戦しています。
6月16日(月)から【医療用ウィッグ写真集を発行し、全国のがん拠点病院へ寄贈したい】
というプロジェクトに挑戦しています。
a0105397_1745626.jpg

募金サイトは下記URLリンクからご覧いただけます。
https://readyfor.jp/projects/fukuribiiryoyowig-photo

クラウドファンディングとは、インターネットを介して不特定多数の個人から資金(支援金)を集めるサービスです。新しい資金調達の手段として注目されており、世界中で500以上のクラウドファンディングサービスが存在します。
私たちは、抗がん剤の副作用による脱毛に苦しむ方々に対して、医療用ウィッグに対するネガティブなイメージを覆すような、素晴らしいヘアデザインを提案することで、「ウィッグでもこんなに自然で素敵なヘアスタイルが出来るんだ」と安心して欲しいという思いで、ウィッグの正しい情報や知識、イメージを、患者さん・医療関係の方たち・美容関係の方たちに発信するために、素敵な写真集を制作し、全国の医療機関に、寄贈するプロジェクトを企画しています。

80日間の募集期間内に、350万円の目標金額に満たない場合は、0円になってしまう仕組みなので、成功のお手伝いをしてください。
募集開始からの3日間のスタートダッシュが成功の鍵だということですので、
どうぞ本プロジェクトにお力をお貸しくださいますようお願いいたします。

また、広報にもご協力を頂けると幸いです。ページ内にツイートボタンやfacebookいいね!ボタンがあるので、参加してもらえると幸いです。

皆さん、是非、この試みを拡散、応援していただけないでしょうか。
例えば、以下の方法で、この試みを応援していただくことができます。


1) Ready for? でスタートした募金の取り組みを、FacebookやTwitter、ブログで拡散してくださる

(https://readyfor.jp/projects/fukuribiiryoyowig-photo が、この募金のURLになります


2) Ready for? の画面で募金をしてくださる(目標金額達成したときのみ、クレジットカードから引き落としになります)。


3) 美容室の皆さまへ
美容師さんがカットするふくりび医療用ウィッグの取り扱い店になってくださる。(最初に2サイズあるウィッグを2体導入していただければ、その後は受注発注で大丈夫です。詳しくはinfo@fukuribi.jpまでご連絡ください)。

皆さんの力で、闘病中の女性たちを、サポートしてもらえないでしょうか。
Ready for? のページはこちらです。

ライター佐藤友美さんも一緒に活動してくださっています
ゆみさんのブログはこちら


………………………………………………………………………………………………………………………………
■http://www.fukuribi.jp  訪問理美容・医療用ウィッグ・障害者身だしなみ講座はふくりび☆
………………………………………………………………………………………………………………………………
NPO全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)
事務局長 岩岡 ひとみ
TEL:052-801-5203
FAX:052-801-5203
E-mail:info@fukuribi.jp
WEBサイト:http://www.fukuribi.jp
[PR]
by fukuribi | 2014-06-17 17:05 | お知らせ
ふくりびボランティアスタディーツアー2014
実施に向けての事前調査について




下記の日程・内容で参加をご検討頂いている方は、
info@fukuribi.jpまで仮エントリーをお願いいたします。
参加希望人数によって、現地でのプログラム、及び宿泊場所
出発地(セントレア及び成田)などを調整し、本募集を致します。

下記の必要事項を明記の上、info@fukuribi.jpまで
メールにてお知らせください。
第一次の仮エントリー締め切りは4月30日
先着順で対応させていただきます。
学生・社会人職種問わず、たくさんの方のお申し込みをお待ちしています。
あなたの人生を変える、そんな5日間です!

===============================
仮エントリーシート(コピーしてメールの本文に貼り付け送付してください)
氏名:
年齢:
住所地:  県  市
希望出発地  成田  or セントレア(名古屋)
職業:
メールアドレス:
携帯電話番号:
メッセージ:
===============================



詳細をお知らせいたします。


ツアー日程:2013年9月1日(月)~5(金)
        4泊5日
行き先:フィリピンセブ
内容:孤児院・チャリティーホームなどでのボランティア
    職業訓練センターでの様々な職種の技術指導や知識伝達(例:美容・調理など)
    参加者によるダイアログ
    リーダーシップ・マネジメントについての研修など
参加費用:渡航費・燃油サーチャージ・滞在費・食費・プログラム参加費など含め
       20万円程度を予定
       正式な金額は詳細が決まり次第WEBサイト等で発表します。



昨年のツアー内容(HISWEBサイト)
http://www.his-j.com/tyo/volunteer/st/std-fukuribi2012.html
Tags:#ボランティア #美容 #海外
[PR]
by fukuribi | 2014-04-14 17:24 | お知らせ
a0105397_1744247.jpg

リクルートビューティー総研さん製作の
「女性美容師として生きていく。」
という美容師という仕事を続ける13人の素敵な女性たちの取材記事が、
掲載されている冊子で、ふくりびの訪問美容師「あっちゃん」を取り上げて頂きました。
a0105397_17443118.jpg

子育てと仕事を両立する働くママ理美容師の「新しい働き方」として、
訪問理美容や医療用ウィッグという仕事をふくりびは提案しています!
土日祝日休み、平日の昼間だけ働く理美容師の仕事。
子育てやこれまでのキャリアを最大限活かせる仕事です。
あっちゃんをロールモデルに若い理美容師さんたちが、
どんどん福祉理美容、訪問理美容に興味を持って活動に参加してくださると嬉しいです。
ふくりびで働きながら2人目を出産し、その子ももうすぐ小学生!!
嬉しいです!!ありがとうございます!!

訪問美容・福祉美容・医療用ウィッグに興味のある方
お問い合わせは
info@fukuribi.jp
まで
[PR]
by fukuribi | 2014-02-07 17:44 | 実績のご紹介