ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第一章はこちらから
①19年に亘る福祉理美容活動のきっかけhttp://fukuribi.exblog.jp/19439399/
②ありがとうのありがたさhttp://fukuribi.exblog.jp/19455906/

第二章
③第一の壁http://fukuribi.exblog.jp/19465218/
④地域一番店になりたいhttp://fukuribi.exblog.jp/19535345/
⑤飛び込み営業で突然始めた「訪問理美容」http://fukuribi.exblog.jp/20800324/

⑥一人のおばあちゃんと向き合い、訪問理美容を広げる決意をする

4月になり、初めて一人で介護施設へ足を踏み入れた。

そこで、僕は驚愕の事実に出くわす。
「老人ホームカット」
女性も男性もみんな一緒の後ろ姿、刈り上げて短いスタイル。
介護度の高い入居者は、介護職員が、男女問わず丸坊主にしていた。

鏡も無い部屋で、その人らしさや希望は聞かずに、介護しやすい短い髪にしてしまっているのだということに気づいた。

まず、介護職員との感覚のズレを感じた、「短くなればいいから、早くやって」と言われた。
「はい、早く、そして可愛くしておきます」と言って、持ってきた鏡を目の前に立てかけて、即席のカットスペースを作った。

暴れながら、カットを嫌がり、泣き叫ぶおばあちゃんと出会った。
「この人ボケているから大変だけど、よろしくね」と意地悪そうに職員さんが言った。
入所したばかりの、そのおばあちゃんは、職員さんが言うように、確かにボケていた。
話は噛み合わないし、首もグラグラ動くし、認知症(当時は痴呆老人と呼ばれていた)の方とお話するのも初めての僕は、戸惑いながらも、鏡を見せてこういった。
「今日はどんな風にカットしましょうか?ご希望を聞かせてください」と

「みんなと一緒の老人ホームカットは、嫌だ!!!」

認知症が進んでいても、鏡で自分の髪型を見て嬉しそうにしたり、眉カットしてあげると恥ずかしそうにしたり、「何だ、ちっともボケていないじゃないか」と僕は思った。

次の月に訪れると、僕の事を覚えてくれていて
「兄ちゃん、兄ちゃん、髪型気に入ったよ、ありがとう」と言ってもらった。
年をとっても、障害があっても、お客様はみんな、綺麗になりたいと思っていて、それは
当たり前のニーズだけど、介護の現場ではまだまだ難しいことなのかもしれない。
もちろん、介護の現場では、衣食住の支援、病気や他の問題は山積み。

でも僕は、介護の現場でいつか「理美容や外見のサポートって大事!」と言ってもらえる日まで、それを続けていくことを決めた。

その後、介護についての勉強を重ねる中で、認知症になって、記憶が曖昧になってきても、「行動記憶」は比較的最後まで残るということを知った。

美容室・理容室でどうしていたか、パーマ液やポマードの匂い、頭を触られる感触、ハサミの音を、人間は最後まで覚えているということだ。
だから、認知症で周辺症状が酷い方も「パーマ屋ですよ、○○様、今日はパーマかけましょうか?」と声をかけると「ええ、そうしてちょうだい」とマダムのような表情で落ち着いて、クロスを巻かせてもらえる事もある。
「福祉理美容」
人の記憶の中に、最後まで残る素敵な仕事をしている。
そう毎日感じている。
a0105397_1616677.jpg

第三章
⑦第二の壁 につづく…
[PR]
by fukuribi | 2015-01-31 16:19 | ふくりびのつぶやき
昨年出版しました、
「技術からマネジメントまで 訪問理美容スタートBOOK」  女性モード社
の重版が決まりました!!!!
a0105397_958531.jpg

訪問理美容について興味のある理美容師さんに、
「まずはこの1冊で全体像を理解して欲しい。」との思いから、
訪問理美容・福祉理美容の一般化を目指すふくりびは、20年のノウハウをまとめて発表しました。

サロンのお客様に向けても、一生涯顧客・地域一番店実現のために、
今後、高齢社会日本において当たり前になるサービスですので、
特別な物、サロンワークとは別の物と考えずに、ぜひご一読いただきたいと願っています。

申し込みはこちらから
今なら理解度チェックテストや、医療用ウィッグのパンフレットを同封します。

http://www.fukuribi.jp/book_sup.html 
[PR]
by fukuribi | 2015-01-28 10:00 | お知らせ
第一章はこちらから
①19年に亘る福祉理美容活動のきっかけhttp://fukuribi.exblog.jp/19439399/
②ありがとうのありがたさhttp://fukuribi.exblog.jp/19455906/

第二章
③第一の壁http://fukuribi.exblog.jp/19465218/
④地域一番店になりたいhttp://fukuribi.exblog.jp/19535345/
a0105397_150429.jpg

⑤飛び込み営業で突然始めた「訪問理美容」
定休日に車でたまたま通り過ぎた名古屋市の古い老人ホーム、
「誰がここのお年寄りの髪の毛切っているんだろう?」素朴な疑問が浮かんだ。
それと同時に「オイスカで続けているボランティアカット、ここでやれないのかなあ?サロンのスタッフにも僕と同じような経験をさせたい。」と思った僕は瞬間的に、施設の入口に立っていた。

「この施設で、ボランティアで髪の毛切らせてください。」
介護の事も何も知らない27歳の若造の熱意は、奇跡を起こす。
「ちょうど4月から新年度で、契約を変えられるから、1人500円しか払えないけど、やってみたら?50人くらいいるけど、やれる?」
「ありがとうございます!!やれます、やれます!!毎週でも来ます」

こうして、平成7年4月に、福祉理美容活動の第一歩を踏み出すことになる。
営業初体験の僕は、ビギナーズラックで50名の入所者の契約に成功。以来20年間こちらの施設に訪問させていただいている。

この話をすると、「なんて、タイミングの良い人だろう、運が良いですよね」と言われる。
勿論その通り。自分でも運は良いと思う、恵まれているとも思う。

でも、それだけではない。

こういう時、きっと他の人たちはもっと色々と調べてから、もっときちんと考えてから行動に移そうと考えるのだと思う。
でも、僕は違う。思考と行動は直結だ。

それは、短所でもあるかもしれない。
人には良く、「もっと考えてから行動しないとダメですよ、リスクとかだってたくさんあるでしょう」と批判され続けた。
確かにそのせいで、失敗したり、色々と苦労したりもした。悩んだ時期もあった。

しかし、今は、それこそが自分の強みだと、自信を持って言える。
僕のその強みを活かしてくれる仲間たちに出会い、支えてもらっているおかげで、「やってみたい」と思う自分の気持ちに、いつも正直に行動できる。
その積み重ねが、今の活動に繋がっている。

「やってみたい」と思うことを、どうして今すぐやらないのか?
「よく考えて」いる間に、自分自身に、できない言い訳ばかりしているのではないのか?大体その「よく考えて」いるという間に、日々の出来事に忙殺されて、新しいことを始めるのをいつのまにか諦めるのではないのか?そして、ついには考える事もせずに直感的に諦め、「やってみたい」という気持ちすら湧いてこなくなる。

「とりあえず、今この瞬間に目の前の一人と向き合い、やってみること」と
「失敗するのを恐れて、結局やらないことによる機会損失」をどう捉えるのか?
僕は、1度きりの人生、後悔したくない。自分に言い訳せずに、毎日生きていきたい。

⑥一人のおばあちゃんと向き合い、訪問理美容を広げる決意をする
に続く…
[PR]
by fukuribi | 2015-01-25 14:57 | ふくりびのつぶやき
【医療用ウィッグパートナーサロンのご紹介】
ふくりびの医療用ウィッグを取り扱ってくださるサロンさんを
ご紹介していきます!

北海道旭川市のパートナーサロン!!!
Head Healing frogさんです!!
a0105397_16275720.jpg

スタイリストさんは、すでにふくりびの医療用ウィッグ研修を受講してくださっていますので、安心して気軽にご相談ください。

抗がん剤終了後に生えてくる新しい髪が、くせ毛になりやすいのですが、
それは、髪の毛に引っ張られていた頭皮が、髪が抜けたことによってたるんでしまい、
毛穴も緩んでいるせいだと言われています。

抗がん剤が終わり、髪が再生する時期にはヘッドスパで弛んだ頭皮を元に戻すマッサージも
おすすめです!!
ウィッグだけでなく、治療が終了した後の発毛に関することも、ふくりびパートナーサロンなら、
安心してご相談いただけます。

旭川市近郊で医療用ウィッグをお探しの方は、frogさんまで。
無料試着もできます!!

====================
〒071-8134
北海道旭川市末広4条7丁目5-9

0166-57-5212
[予約優先]

営業時間
[水・木・金] 10:00~19:00
[土・日・月]  9:00~17:00

=========================
商品・サービス、最寄りのパートナーサロンのご紹介やその他
お問い合わせは
ふくりび事務局でももちろん承ります。

医療用ウィッグの選び方3分アドバイス、好評です。
他社のウィッグを見に行く前に、チェックするポイントをお知らせしています。
電話相談は無料です。
看護師が対応可能ですよ、お気軽に☆
052-801-5203
==========================
パートナーサロンへの参加をご希望の美容室経営者の方は、
事務局 岩岡まで直接お問い合わせください。
詳しくご説明の上、導入までのサポートをさせていただきます。
052-801-5203
info@fukuribi.jp
[PR]
by fukuribi | 2015-01-13 09:00 | お知らせ

訪問美容 求人 名古屋

訪問理美容の仕事をしたい方!!

あなたの技術を活かして、たくさんの「ありがとう」が得られる仕事です。
子どもさんが小さくても、理美容師としての経験や資格を活かせる職場です。

【ブログを見たよ、紹介歓迎】
【転送歓迎】

新年度、新規訪問先増加に伴い、
求む、即戦力!!

介護施設・居宅への訪問理美容スタッフを募集します。
今回は、即戦力を募集します。
完全土日祝日休み
短時間(午前中だけ、午後だけ)勤務可能
週1勤務でも可能!!

訪問理美容師として、活躍しませんか?
介護福祉研修があるので安心です。

▼採用人数:3名

▼雇用形態:パート・アルバイト

▼勤務先:名古屋市・長久手町・日進市・東郷町、その他近郊介護施設及び高齢者等居宅

▼仕事内容: 介護施設及び居宅での理美容(カット・パーマ・カラーなど)
特に、ショートスタイルの得意な方、大歓迎
▼必要なスキル
・理容師・美容師免許所持(どちらか)
・理美容室での5年以上の勤務経験
・スタイリストとして2年以上カットを担当していた経験(アシスタント勤務のみは不可)
・介護福祉士資格、ヘルパー2級所持の場合、優遇

▼ 勤務時間:
  9:00~17:00 完全シフト制です
 ※子供さんの学校行事など、シフト制なので、気にせず休んでいただけます。

▼ 休日:土曜、日曜、祝日、年末年始、夏季

▼給与:時給1200円+能力給

▼必要な資格
 理容師・美容師免許

▼応募方法:
電話連絡の上、履歴書持参で面接

▼●お問合せ:事務局長 岩岡
052-801-5203
info@fukuribi.jp
[PR]
by fukuribi | 2015-01-12 16:18 | お知らせ
【医療用ウィッグパートナーサロンのご紹介】
ふくりびの医療用ウィッグを取り扱ってくださるサロンさんを
ご紹介していきます!
今日は三重県四日市市のサロン
D-tention富田店と
ビューティー都さん
a0105397_16145353.jpg

既に何年も前からウィッグのお客様を施術なさっている実力派サロンです。
親身になって相談に乗ってくださいます。

各店舗のスタイリストさんは、すでにふくりびの医療用ウィッグ研修を受講してくださっていますので、
安心して気軽にご相談ください。個室対応もご相談ください!

四日市市で医療用ウィッグをお探しの方は、ぜひD-tention・ビューティー都さんまで。
親切で経験豊富なお店で、今までと変わらず、ヘアスタイルを楽しんでください。
希望どおりに、キレイにしてもらえます!!

無料試着もできます!!

所在地
D-tension 富田店
a0105397_16151934.jpg

TEL 059-364-1044
住所 四日市市茂福町大字横座681-1
営業時間 9:00~19:00
受付時間 9:00~18:00(カット)
9:00~17:00(パーマ・カラー)
定休日 毎週月曜日、第2、第3火曜日
駐車場 10台

ビューティー都
a0105397_16154215.jpg

TEL 059-350-8085
住所 四日市市安島町四日市都ホテル2F
営業時間 9:00~19:00
受付時間 9:00~18:00(カット)
9:00~17:00(パーマ・カラー)
定休日 毎週月曜日、第2・3火曜日
お車は都ホテル駐車場、アピタ駐車場をご利用ください

=========================
商品・サービス、最寄りのパートナーサロンのご紹介やその他
お問い合わせは
ふくりび事務局でももちろん承ります。

医療用ウィッグの選び方3分アドバイス、好評です。
他社のウィッグを見に行く前に、チェックするポイントをお知らせしています。
電話相談は無料です。
看護師が対応可能ですよ、お気軽に☆
052-801-5203
==========================
パートナーサロンへの参加をご希望の美容室経営者の方は、
事務局 岩岡まで直接お問い合わせください。
詳しくご説明の上、導入までのサポートをさせていただきます。
052-801-5203
info@fukuribi.jp
[PR]
by fukuribi | 2015-01-08 16:16 | お知らせ
ふくりびの医療用ウィッグ取扱いをしてくださる美容室さん
北海道にもパートナーサロンさんが続々増えています!!

人毛100%ですので、美容室でのカラーやパーマ、
また初めからスタイルが出来上がったかつらではありませんので、
セミオーダーでひとつずつ美容師さんが、お客様一人一人に合わせて、
その場でカットしますので、ウィッグでも通常の髪の毛と同じように
自然な髪型をお作りできます!!

今日は北海道札幌市のMIYAさんのご紹介です!

ふくりび医療用ウィッグは皆さんの近くの美容室でご試着や購入が可能です。
ふくりびのパートナーサロンは医療用ウィッグのカット技術のみならず、脱毛や病気の知識、
カウンセリングやアフターフォローについての研修を受講し、本部としっかり連携して、
ウィッグを必要とされている方々をサポートする強い味方です!!

脱毛時期の髪や頭皮の悩みにも、親身になって答えてくれます!!

北海道札幌市近郊、特にMIYA桑園駅前店は、市立札幌病院、札幌循環器病院、桑園中央病院のすぐ近くですので、医療用ウィッグをお探しの方は下記まで
お気軽にご相談くださいませ。

MIYA WEBサイト
下記3店舗で医療用ウィッグのお取り扱いを致しております。
a0105397_11125681.jpg

MIYA 本店
札幌市中央区大通西3丁目7番地
北洋大通センター 大通ビッセ3F
TEL 011-251-9888 年中無休
a0105397_11141094.jpg

MIYA 新さっぽろ店
札幌市厚別区厚別中央2条5丁目6-1
JR新札幌駅1F
TEL 011-892-8921 年中無休
a0105397_11144172.jpg

MIYA 桑園駅前店
札幌市中央区北10条西14丁目1-2
JR桑園駅イーストプラザ1F
TEL 011-596-0285 年中無休

================================================

NPO全国福祉理美容師養成協会は「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会」の実現を目指す
医療・介護・看護・ファッション・理美容・メディアなどの多職種専門家によるプロフェッショナル型NPOです。
活動に関するお問い合わせは下記まで
事務局:
info@fukuribi.jp
052-801-5203
[PR]
by fukuribi | 2015-01-07 11:18 | お知らせ