ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第一章はこちらから
①19年に亘る福祉理美容活動のきっかけhttp://fukuribi.exblog.jp/19439399/
②ありがとうのありがたさhttp://fukuribi.exblog.jp/19455906/

第二章
・第一の壁

最初に就職したサロンで8年間お世話になり、独立開業の夢を一歩前進させるべく、他のサロンの経営も学びたい、さらに独立開業の資金を貯めなければ、という思いから、他サロンへ転職する。
世はバブル景気の真っ只中、2軒目のサロンで4年間勉強させていただき、開業資金の頭金も貯めることができた。
しかしここで、最大の壁が僕の前に立ちふさがる。

「保証人不在」

父は、自営で運送業をしていたが、結構な稼ぎがあったはずなのに、博打好きで、借金もあり、賃貸のアパート暮らしだった。そのため、開業資金の借り入れ審査の最終段階で途方に暮れることとなる。
「店は出せないかも…」
母親とともに、悔しい思いを噛み締めながら、親戚中を周り、頭を下げてやっとの思いで叔父にサインをしてもらい、何とか開業資金を調達した。

この時、「自分の子供が大きくなった時、自分のような思いをしなくて済むように、真面目にしっかり働いて、家を持ち、保証人になれる立派な親になりたい」と強く思った。

金銭的に恵まれた環境で育った人から見れば、「何て情けない親だろう」と感じるかもしれないが、それでも僕は、自分の両親を尊敬している。
朝早く出かけ、一日中肉体労働をし、帰ってくる父は、僕の前で一度も「疲れた」と言わなかった。土日はキャッチボールをしたり、バッティングセンターに連れて行ってくれたり、優しい父親だった。(でも、父は死ぬほど野球が下手くそで自転車にも乗れない運動音痴だったので、やはり僕も万年補欠だった)
母は、とでも優しい人で、出来の悪い僕に何とか色々な技術を身につけさせようと、貧乏なのに、お稽古事に通わせてくれた。そろばん(全然わからず、すぐ辞めた)、習字(夏になると出てくるカルピス目当てに通い続けたら、意外と適性があり、先生が褒めてくれるので嬉しくなって、師範代まで取得!!)家庭教師(ハイソなおうちの女子大生の先生で一ヶ月に一度、家に招待してくれてご飯をご馳走してくれたのだが、カレーライスに生卵の黄身だけをトッピングするという贅沢さに驚愕しすぎてお腹を下す。一ヶ月頑張ると招待してくれるのが嬉しくて2年ほど続けるものの、全く成績が上がらず、こんなに出来の悪い子は初めてだと呆れられ、いつの間にかいなくなる)

今の僕が、弱音を吐かず、愚痴も言わないで仕事を続けていられるのは、不器用ながらも懸命に生き抜く両親の背中を見て育ったからだ。いつか、自分の3人の子供たちもそう思ってくれると嬉しいなあと思う。

OPENしたばかりのお店、アロワナのアロちゃん1代目、現在4代目アロちゃんが元気に泳いでいます☆
a0105397_20184989.jpg

④地域一番店になりたいへとつづく…
[PR]
by fukuribi | 2014-02-14 20:22 | ふくりびのつぶやき
「はさみ一本で社会・世界を繋ぐ」

第一章
19年に亘る福祉理美容活動のきっかけ
・「ありがとう」のありがたさ

第一章前回の話はこちら
http://fukuribi.exblog.jp/19439399/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あの日、ボランティアカットで訪問した財団法人オイスカ中部日本研修センターで
「ありがとう」と言われていなかったら、すべてに自信を持てなかった僕は、
仕事を辞めてしまっていたかも知れない。
もし惰性で続けていたとしても、今のように情熱と愛を持って、人生を過ごす事は、
出来なかったに違いない。

オイスカでの「ありがとう」のおかげで、支えができた。
学生時代も勉強が苦手で、褒められた事が無く、人に誇れるような特技も才能も無い僕にとってそれは、きらきら輝く一番星のような一言だった。
「ありがとう」

不器用で下手くそなカット、一所懸命やってはいるものの先輩に比べたら、酷い仕上がり。
それでも、国も文化も言語も違う、遠い国からやってきた彼女は、満面の笑みで、覚えたばかりの日本語で嬉しそうに「ありがとう」と言ってくれた。
何だろう、この嬉しさは…、ちょっと照れくさいけど。
「こんな自分でも人を喜ばせる事ができるんだ。」
職場でお金を貰ってする仕事とは少し違う、もっとシンプルなやり取り。
何人かの髪をカットし、片づけをしていると、「お昼を用意しましたので、ぜひどうぞ」と食堂に案内され、農業研修生が作った野菜やお米が美味しそうに調理されて出てきた。
髪を切ってあげた代わりにお腹いっぱいお昼をごちそうになり、ほくほくとした気持ちで寮に帰った。
a0105397_12484536.jpg

それを境に、少しずつ、仕事を覚え、お客様と接するのが楽しくなって、いつの間にか同級生を見ても劣等感を感じる事はなくなり、むしろ「僕は社会に出て、お金を稼ぎ、立派に自立している。仕事も充実していて、働くって楽しいなあ」と優越感まで感じるようになった。

ポジティブなのはこの頃から変わらない、いつでも前向きで楽観的なのは僕の長所だと思う。
まあでも、自分でいうのも何だが、今考えてもこの時期、15歳の僕は良く頑張ったと思う。
10年修業して自分の店を出したいと夢を描き、頑張ったこの頃の自分がいたから、今がある。
a0105397_1249572.jpg

[修行時代から30年に亘り、毎月オイスカの研修生の髪を切る活動を続けています]
a0105397_12501786.jpg


第二章
カリスマ美容師ブームの裏で、孤独だった福祉理美容活動
につづく…。
[PR]
by fukuribi | 2014-02-12 12:53 | ふくりびのつぶやき
理事長の赤木です!!
突然ですが、この度、
19年の福祉理美容活動について振り返り、
ふくりびの活動が目指すものについてお伝えしたいと思い、
ブログでちょこちょこと、これまでの事を正直に、赤裸々に綴っていきます。

「はさみ一本で社会・世界を繋ぐ」

第一章
19年に亘る福祉理美容活動のきっかけ
・「ありがとう」のありがたさ

今の活動のきっかけを聞かれる時は、「15歳でNGOの研修センターで途上国から来た農業研修生の髪を切るボランティアに参加したのがきっかけ」と答えますが、そのきっかけは僕にとって30年、この仕事を続けることができた原動力でもあり、支えでもある事を最初に記しておきたい。

15歳からの修業時代を振りかえって、思いだすことは何しろ辛かったこと。
中卒の坊主頭の僕を可愛がってくれた先輩たちも沢山いたが、もともと手先が不器用で、同期のメンバーより、仕事が下手なのが悔しくて、泣きながら深夜まで、パーマを巻く練習をした。
繰り返し、繰り返し練習する、我々の仕事の基本はそこにしかない。

中学卒業後、就職先の先生(サロンオーナー)の家に下宿し、働く毎日。
月給は手取りで8万円ほど。初めて貰った給料でケーキを1ホール買って、一人で食べた。
「大人ってすごいなあ」と実感した。
実家が貧乏で、姉の高校の学費を援助するため、実家にお金を渡していたが、あまり苦ではなく、むしろ誇らしかった。

子供の頃の夢は「野球選手」小学校・中学校と野球部で毎日遅くまで練習したが、万年補欠で日の目を見ないまま、勉強のできない僕は、就職する事となる。
今思えば、両親に先見の明があったのか、「手に職をつけろ」と言われた僕は、「うどん職人」か「ヘアスタイリスト」のどちらになるのかで悩む。
そもそも、坊主頭でヘアスタイリストって、どうなの?むしろ板前だろ!と今振り返り、乗り突っ込みしてしまうが、そこは田舎の素直な15歳「栄(名古屋の繁華街)で働く」というイメージにすっかりテンションが上がり、勉強嫌いなせいもあって、進学せず就職することに意義は無かった、まあ、貧乏で高校に行かせてもらうお金がなかったことも、この時はあまり分かっていなかった。

しかし、修業中の毎日、朝の通勤電車で制服姿の同級生と一緒になるたび、
「学生って気楽でいいなあ、制服羨ましいなあ。高校で野球やりたかったなあ。」と憂う日もあり、特に、職場で嫌な事があった日は、皆と違う選択をしたことを後悔しながら、唇をかみしめ、一人寮に帰った。
仕事の覚えも悪く、職場でも専門学校でも先生や仲間に「下手くそ」とバカにされ…。

「不器用だし、この仕事向いてないのかなあ」と仕事に自信を持てずにいたある日、先輩に誘われ、特に何も考えず、言われるままに「そこ」について行った僕は、この後の人生を大きく変える出来事に出逢う事になる。

つづく…
[PR]
by fukuribi | 2014-02-08 11:27 | ふくりびのつぶやき
a0105397_1744247.jpg

リクルートビューティー総研さん製作の
「女性美容師として生きていく。」
という美容師という仕事を続ける13人の素敵な女性たちの取材記事が、
掲載されている冊子で、ふくりびの訪問美容師「あっちゃん」を取り上げて頂きました。
a0105397_17443118.jpg

子育てと仕事を両立する働くママ理美容師の「新しい働き方」として、
訪問理美容や医療用ウィッグという仕事をふくりびは提案しています!
土日祝日休み、平日の昼間だけ働く理美容師の仕事。
子育てやこれまでのキャリアを最大限活かせる仕事です。
あっちゃんをロールモデルに若い理美容師さんたちが、
どんどん福祉理美容、訪問理美容に興味を持って活動に参加してくださると嬉しいです。
ふくりびで働きながら2人目を出産し、その子ももうすぐ小学生!!
嬉しいです!!ありがとうございます!!

訪問美容・福祉美容・医療用ウィッグに興味のある方
お問い合わせは
info@fukuribi.jp
まで
[PR]
by fukuribi | 2014-02-07 17:44 | 実績のご紹介