ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー

<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「平成21年度青年社会活動コアリーダー育成プログラム」
高齢者分野 英国派遣団として、10月に渡英することになりました。

本日2泊3日の合宿事前研修を終え、決定書を頂戴いたしました。
a0105397_16591793.jpg

責任重大です。が、新年の抱負として掲げていた、今年の達成したいこと
の一番無理な項目がクリアできそうです。
「できるだけたくさん出張(できれば海外まで)」

昨日今日は、団としてのねらいや個人のテーマの発表、
a0105397_16584485.jpg

また、OB、OGの方々との懇談など、あっという間に過ぎ去りました。
a0105397_16594730.jpg


高齢者分野には、全国各地から素敵な仲間が集まってきています。
また、追っておひとりおひとりの活動のご紹介をさせていただきたいと思っております。
研修の間、楽しく仲良く過ごせました。
10月のイギリス行きが楽しみです。
ムッシュをはじめとし、タカさん、うえP、オスカル、けいちゃん、ともちゃん、よりちゃん、ゆかちゃん
ありがとう!!そしていくさんもありがとうございました。

そして今回は一緒には行けませんが、障害分野でフィンランドへ行く方々とも少し、
ご挨拶させていただきました。
身だしなみ指導の調査については、フィンランド団にお願いしちゃいました。
こちらも楽しみです。

そして何より、私岩岡が、今回、このようなプログラムへ参加させていただけることになりましたのも、
理事長、理事の皆様、また周りのすべての方々の推薦や励ましのおかげです。
本当に感謝しています。
いつもありがとうございます。

いっぱい学んできて、ふくりびの活動に生かせるよう、がんばります。
今からワクワク、楽しみです。
[PR]
by fukuribi | 2009-06-28 17:00 | ふくりびのつぶやき
今日から2泊3日で東京で研修を受けています。
なぜかというと、なんと私岩岡、10月に内閣府のプログラムで
イギリスに勉強しに行かせていただくことになったからです。

その事前研修で今日からオリンピックセンターに宿泊しております。
今日は初日からみっちり9時間ほど研修を受けました。
いろいろと、学び取りたいことがたくさんあるので、大変です。

他の地域で活躍していらっしゃる方々との新しい出会いがたくさんあって、嬉しいです。
明日は、研修風景の写真を撮ってアップしますので、お楽しみに。

とりあえず、課題をやります。
[PR]
by fukuribi | 2009-06-27 00:08 | お知らせ
何だか、ばたばたとしており、ブログ更新が遅れてしまいました。
反省(>_<)

今週は、月曜・火曜と連続して障害者就労支援「身だしなみ講座」を開催させていただきました。

月曜日は名古屋市港区にある、社会福祉法人 名古屋ライトハウス 障害者支援施設 明和寮様で
火曜日は尾張旭市の社会福祉法人 ひまわり福祉会 障害者就労移行支援施設 くすの木様の呼びかけで
たくさんの施設の皆様にお越しいただきました。

ありがとうございました。

講座の様子を少し、写真で…。
a0105397_1128442.jpg


身だしなみチェックは盛り上がります。「ハイ、ハイ」と手が挙がります。
私たちもテンションが上がります。
a0105397_11305024.jpg

「はい、答えをどうぞ!!」

身だしなみを整えさせるためのネガティブチェックな感じの研修会ではなく、
「かっこよくなると嬉しい」、「きれいになったら楽しい」といったポジティブな感覚を引き出して、
明日から毎日、ルンルンで「身だしなみ」を整える!!
といった内容です。
私たちはきっかけをつくることしかできませんが、一所懸命担当させていただきます。

こんな、楽しい講座をやっております。
ぜひ、呼んでください。
a0105397_11344166.jpg

[PR]
by fukuribi | 2009-06-25 11:34 | 実績のご紹介
ものすごく個人的な1週間の読書記録。
毎週このくらい本読みます。

湊 かなえ 告白
暗い話だなあと思いつつも、先が気になりついつい読んでしまった。
恨みはまわりまわってでっかくなって、とんでもないことに。
思春期の狂気、同じ年頃の子を持つ親として、怖いよぉ。
この切り口の書き方、自作はどうくるのかは楽しみ。

石田衣良 アキハバラ@DEEP

娼年とかもすでに読みました。意外と好きです。
オタクにボランティアさせて、メイドさんから褒められる券とか渡したら、がんばるかもと、
オタク活用法を日々考える私には、とても面白かった。
それぞれ社会に不適応なところを持った主人公たちが、助け合い、(あんまり熱血じゃなく)
悪に立ち向かうなんて、ベタながらも、ネットベンチャーについても面白く書かれているし、
イイです。石田衣良さんには逢いたいです。ハートをつなごう、見てます。穏やかで素敵。

國貞 克則 超高速・会計勉強法

マンガですよ、でもわかりやすくて「そうなんだよね的な、気づきがあって、誰かに会計の基礎を教えるのに
役立つかも。
でも、ほんのさわりだけなのにも関わらず、ある程度貸借対照表に向き合ったことがないとピンとこないかも。
難しいことを簡単な言葉で、簡単な表現で教えるのって難しいですよね。
難しい言葉ばかり使うやつは、実はおバカ、みたいなのどっかで読んで、
「ほんとだよ」と思った。
「この人ほんと、頭いいなあ」って方、何人もいらっしゃいますが、あまり難しい言葉を使いません。
すなわち、相手に合わせて言い方、表現を置き換えられる、豊富な語彙があるってことでしょ。
カタカナ言葉使わないほうが、賢く見える。
正しい日本語難しいけど。
巧みに日本語を操る大人の女性になりたいものだわ。
(間接的に嫌味を言う京都弁とか、品があるけど恐い)

梨木 香歩 西の魔女が死んだ

よかった。おばあちゃん子の私は、感情移入しちゃいました。
おばあちゃんとか、おじいちゃんとか、父母と違う距離感で見守ってくれる
大人って子どもにとってものすごい大事な存在。
逃げ場だね。じじばば子はイイ子が多い。
うちのいとこなんか、ホントにそう。どうやって育てたらあんなイイ娘になるのかしら。と
思う、たぶんじじばばと、父母 のバランスだね。
見習おう。

サフィア・ミニー おしゃれなエコが世界を救う

ピープルツリーでワンピース買っちゃいました。
ふくりびの事業のことで、フェアトレードについて考えていることがあって、
この本を読んで、「やっぱりそうだよ、私もこうしたい」と背中を押されました。
もうすぐ始めます。お楽しみに!!
始める前にサフィアミニーさんに手紙を書こうと思います。

以上岩岡の「今週の本棚」でした。
[PR]
by fukuribi | 2009-06-19 20:18 | ふくりびのつぶやき
明日、朝8:13分 NHK総合(連続ドラマ小説 つばさの前です。)を見てください。

現在、NHK名古屋・岐阜・津放送局では「スマイルキャンペーン」を展開中。
もうすぐ、NHKのサイト内で、ふくりびの映像も動画で見れるそうです。

楽しみ―、嬉しい!!
笑顔がいっぱいなんです。普段の活動が伝わります。
NHK名古屋さん、ありがとうございます。

☆以下NHK名古屋HPから引用☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
笑顔を忘れず目標を持って夢に向かって努力する人、みんなを笑顔にしてあげたいとがんばっている人。
あなたに笑顔をもたらしてくれたり元気づけてくれたりしていませんか?
スマイルキャンペーンでは、こうした人々と取り組みを“グッドニュース”として紹介しています。
また、あなたのとびっきりの笑顔と、あなたが笑顔になれたとっておきのエピソードを募集して紹介しています。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by fukuribi | 2009-06-18 13:48 | お知らせ
サロン開業から15年間、ご来店してくださっているお客様が、ピック病になった。

45歳で働きざかり、半年ほど前から、今までと様子が違う日があり、「うつ」なのかも
と感じていた。
3か月ほど前にご来店された際に、「若年性アルツハイマー」かもと感じた。
その日、お父様が迎えにいらっしゃって、「うつ」で会社を休んでいると言っていた。

何だか少し違う気がして色々調べたり、先生方に相談した。

そのひと月後、お父様から「ピック病だ」と聞かされた。

「ピック病」、本で読んだ程度しか知らない。
すぐいろいろとネットで調べる。

・若年性アルツハイマー型認知症とは違うけれど、脳血管性認知症でもない認知症。それがピック病。
・ピック病は若年性認知症のひとつで、性格の変化や理解不能な行動を特徴とする病気
・現在、日本国内に1万人以上のピック病患者がいるらしい
・しかし、ピック病を正しく診断できる医師が少ないため、アルツハイマー病と誤診されたり、うつ病や統合失調症と間違えられ、患者は不適切な治療やケアを受けるケースも少なくない。

まだ若い彼は、高齢者ばかりのデイサービスを強く拒否し、通所介護が使えない。
しかし、このままでは、ご両親もケアに疲れてしまう。
ケアマネージャーさんが地域で支える方法をいろいろと考えていらっしゃる。

そして、彼は今、ほぼ毎日僕のサロンに髪を切りに来る。
気持ちいい場所、楽しい場所だと思ってくれている(のだと僕は勝手に思いこんでいる)
髪を切った後は、愉しく話して、一緒にお茶を飲んで…。

あまりに毎日なので、お父様が連れ戻しに来ると、ものすごく抵抗するので、
月に一回だけ、料金を頂いて、あとはフリーパスにすることにした。

「生涯顧客」

先日、定額給付金を僕に託してくれたお客様がいる。
「私が死んだら、赤木さんがエンゼルメイク(死化粧)してよ、
前払いしとくから。」
「僕が先に死ぬかも知れませんよ」
「長生きしてください(笑)、とりあえず、この約束しとけば安心だから」

ものすごく嬉しかった。
しかし、責任重大である。

たくさんのお客様に支えられ、今の僕がある。
周りから学び、成長させて頂いている。

僕の力は小さいけれど、できることを精一杯やるしかない。

お客様は神様とは、よく言ったものだ。
僕にとって、お客様は先生で、仲間で、家族だ。
病気になると悲しいし、亡くなるとやりきれない。
でも、そんなときも何か自分ができることを考えよう。
[PR]
by fukuribi | 2009-06-17 13:12 | ふくりびのつぶやき
あいちモリコロ基金助成事業
障がい者「身だしなみ」講座
  を開催します。
a0105397_16322241.jpg
a0105397_16313877.jpg


下記日程でお手伝いして下さるボランティアさんを募集します。
大学生大歓迎☆日進市から同乗も可能、現地集合も可能。
詳細はふくりび事務局 052-801-4490 info@fukuribi.jp までお問い合わせください。

6月22日(月)AM (名古屋市港区)社会福祉法人 名古屋ライトハウス港区障害者地域生活支援センター
6月23日(火)PM (尾張旭市)尾張東部障害者就業・生活支援センター くすのき

また、障がい者就労支援「身だしなみ講座」ご案内チラシもございます。
開催を希望される施設・センター様は事務局へご住所などご連絡先をお知らせください。
資料を郵送いたします。

info@fukuribi.jp(件名を:「障がい者身だしなみ講座案内チラシ郵送希望」としてください。)
電話は052-801-4490まで
[PR]
by fukuribi | 2009-06-13 16:33 | お知らせ
今日、6月12日は、「児童労働反対世界デー」です。

オンライン署名サイトから署名ができます。
私も今日デジタル署名をしました。

今私が、ふくりびの活動ができるのは小さい時の教育環境のおかげ、
貧乏だったけど、日本は恵まれているから、
夏休みは、エアコンの効いた図書館で本の虫になり、
「ずっこけシリーズ」や(年がばれるね)
赤川次郎、宮本輝、村上春樹、山田詠美や、よしもとばなな、
星新一、シドニーシェルダンとか流行ったなあ。
コバルト文庫や、ティーンズハート(折原みととか花井愛子、懐かしい…)まで、
ありとあらゆる本を読み漁り、今に至る。

学校で読書感想文を書かされたことも、今に役立っているかも。
当たり前のように受けてきた教育(しかも学校行きたくないとか文句を言いながら)
当たり前ではないと気付くのは大人になってから。
気付いたら、何かしらアクションを始めよう。

☆以下上記サイトより引用☆
児童労働の問題解決に取り組むNGOや労働組合、企業、
個人からなる児童労働ネットワーク(CL-Net)は、今年も
5月5日~6月30日の期間、
「児童労働反対世界デー・キャンペーン2009」を行っています
[PR]
by fukuribi | 2009-06-12 18:40 | ふくりびのつぶやき
今日は名古屋大学法学部法科大学院の学生さんに事業型NPOの事例研究として
NPOふくりびのお話をさせて頂きました。

a0105397_17544580.jpg

ふくりびの経営についての、基礎情報、現状課題、決算・予算、介護関連の市場規模
などをお話しながら、実際ふくりび経営者になったつもりで、与えられた情報をもとに、
2チームに分かれてワークショップを行いました。

もう少し時間が取れるとよかったのですが、それぞれの発表を聞かせていただきました。

それぞれの意見を具体的に話し合うことで、NPOが近くに感じられるのではないでしょうか。
講師の話力がないので、参加型を推し進めているという噂もありますが(笑)
結局、その形が一番いいなあと考えています。
身近に感じてくださって、仲良くなれるし。

偉そうなことも、立派なことも言えませんが、熱意や工夫、経験をお話し、共有し、
一緒に考える。体を動かすのとかもいい、体得が一番、バーチャルな子が増えてるし。
そうすると、講義が終わった後もついついふくりびの事、NPOの事、自分ができる社会貢献のこと
なんかを、考えてしまう。

ふくりびトラップにはまって欲しいわけです。
講義はきっかけに過ぎないですから、現場にインターンに行くとか、ボランティアに参加するとか、
何か行動につなげて欲しいんです。

私たちもNPO経営にはまってしまって、楽しくてしょうがいないわけですが、
(大変な事もたくさんありますよ、もちろん)
だからこそ、巻き込んでいって、やる人を増やしたい。
自分が得意なこと、できること、意外といっぱいあるのではないでしょうか。
学生を受け入れると大変だと、NPOサイドからは良く聞きますが、
一緒に成長していくのもまた、善しです。
学生から学ぶこともたくさんあります。
私も自分の子供を育てながら、学ぶことがたくさんあります。

ふくりびのことだけじゃなく、いろんなミッションに立ち向かって頑張っている団体さん
も巻き込んで、少しずつ変えていく、やがて
誰もがその人らしく美しく過ごせる、今よりもっと、心豊かな社会に…。

学生さん、先生、ありがとうございました。
ぜひ、司法試験合格後には(今すぐにでも)ふくりびを手伝ってください。
素敵な出逢いに感謝☆
[PR]
by fukuribi | 2009-06-11 18:05 | 実績のご紹介
役所広司初監督作品
「ガマの油」を観た。
役所さんの想いが溢れ出る、笑いながら、泣ける温かい、いい映画だった。
個々のキャラも光っていて、観た後も、ふんわりと心に残る。

役所広司演じる大人になれない憎めない、ダメ親父(お金は儲けてる)と

めちゃくちゃいい子な息子、瑛太。
友達をとても大事に思っているし、
彼女と渋谷で待ち合わせをするシーンなどは、瑛太の笑顔にメロメロにされる。
こんな彼氏とこんな付き合い方をしたい、と多くの女子は憧れるだろう。
可愛いカップル過ぎて、にんまりしてきてしまう。

天真爛漫で、素直で、箸が転がっても笑うような、瑛太の彼女、光(二階堂ふみ)が可愛い。
あんな、かわいらしさを持ち続けたい。おばあちゃんの家での光がまた、とてもいい。

大事な人を失った時の家族や、恋人、友達が味わう、喪失感、絶望、深い悲しみ
それを少しずつ乗り越えていく、「グリーフワーク」について深く考えさせられる映画。

でも、泣きっぱなしの映画ではないところが、いい。
時折「くすっ」と笑ってしまったり、笑っちゃいけないシーンなのに、「くくく」となってしまったり。
しかしくくくと笑いながら、切なくほろほろと泣ける。

観終わった後は、大事な人と毎日を大事に生きよう。皆つながっているから大丈夫と思う。
頑張って長生きしようと思える。親を、おじいちゃん、おばあちゃんを、家族を友達を
皆を大事にしようと思える。

「想い出せばいつでも、傍に大事な人が居てくれる」

いい映画です。ぜひ、どうぞ。


[PR]
by fukuribi | 2009-06-09 09:30 | ふくりびのつぶやき