ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日進市長表敬訪問

a0105397_143978.jpg
11月25日(火)日進市長を表敬訪問し、「平成20年度社会貢献者表彰」受賞についてご報告をさせていただきました。

市長からは「高齢者が地域で生き生きと過ごすために、身だしなみは大事だと思う。ぜひ活動を続けて頂きたい」と励ましのお言葉を頂きました。

市長ご自身も就任以来、今まで以上に、ヘアースタイルなどを気にかけていらっしゃるとのお話なども交えながら、日頃の活動内容、表彰式典での様子などをご報告し、今後より一層活動を広げていくことを誓いました。

a0105397_1433737.jpg

[PR]
by fukuribi | 2008-11-26 14:05 | 実績のご紹介
a0105397_14153038.jpg
11月23日 愛知民医連第39回学術運動交流集会第11分科会の発表として千秋病院の看護師さんのご協力を得て
「終末期の整容・美容ケアとエンゼルメイク(死化粧)」について、名古屋大学の平川先生と
ともに、集まった方々にお話をさせていただきました。

内容としましては高齢者の整容・美容ケアの重要性、また訪問理美容を行ってきたお客様の事例をもとに、さまざまな気付きのお話をさせていただきました。

僕の大事なお客様の看取りの場面でのお話をさせて頂いたのですが、恥ずかしいことに、感極まって涙してしまいました。


今の僕があるのは、こういったたくさんのお客様から頂いた「大事な経験」があるからだと改めて、そう思いました。

勤労感謝の日に「良い職業に巡り合えた喜び」と「たくさんのお客様に支えられている幸せ」を感じ、心の底からありがとうを感じられました。
a0105397_14154181.jpg

[PR]
by fukuribi | 2008-11-24 14:16 | 実績のご紹介
タイトル:「高齢者の終末期ケア―理美容の視点から見た高齢者のQOL」
日時:11月23日(祝)13:00~14:30
場所:名古屋国際会議場 愛知民医連第39回学術運動交流集会第11分科会
講師:名古屋大学医学部付属総合医学教育センター
    平川 仁尚医師
    NPO全国福祉理美容師養成協会 
    理事長 赤木 勝幸

終末期の整容・美容ケアとエンゼルメイクの関係を2人の講師が、医療・理美容という異なった観点から発表します。
当協会のテーマである「その人らしさ=尊厳」を保つ「理美容ケア」を皆様にお伝えしたいと考えております。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
「誰もがその人らしく、美しく過ごすことができる社会の実現」

ふくりびは現在、訪問理美容スタッフ、プロフェッショナルボランティアを募集しています。
訪問理美容・エンゼルメイク・介護・福祉・NPOに興味のある方はぜひ、ご連絡ください。

NPO全国福祉理美容師養成協会
≪事務局≫
愛知県日進市香久山1-2809
TEL&FAX 052-801-4490
E-MAIL info@fukuribi.jp  


    
[PR]
by fukuribi | 2008-11-22 10:57 | お知らせ
11月17日に東京赤坂ANAインターコンチネンタルホテルにて行われました
「平成20年度社会貢献者表彰式典」にて社会貢献賞を頂いてまいりました。

このような素晴らしい賞を頂けましたのも、長年に亘り支援をしてくださっている皆様、オイスカの皆様、施設の皆様、また、地域のお客様、スタッフのみんな、家族、etc.のおかげ様です。

本当にありがとうございます

受賞者控室にて、本当に素晴らしい活動をなさっている先輩方に圧倒され、
「僕が頂いていいのだろうか…」と緊張しまくりでした。
会場も思っていたよりも大きく、さまざまな演出もされており、結婚式以来の拍手入場(笑)

受賞者の方々との深イイお話は、それぞれ書いていきたいと思いますが、まず
祝賀会場での内館牧子審査委員長との2ショットと共に第一報を。
a0105397_16495542.jpg

[PR]
by fukuribi | 2008-11-19 16:51 | 実績のご紹介
10月20日に開催されました「魅力アップ!おしゃれ講座」の講師として
東京都三鷹市に伺った事は先日のブログですでにご報告いたしましたが、
かけはしさんのHPで講座の詳細をご紹介いただいております。

写真もたくさんアップされています。楽しい雰囲気が伝わるかしら☆

このような内容の講座開催を希望される方はふくりびの障害者就労支援委員会までお問い合わせ下さい。
全国で対応が可能です、福祉用具展などでの開催も歓迎です
。まずはご希望をお聞かせ下さい。

特に、愛知県内につきましては「あいちモリコロ基金」助成事業としまして、同内容のプログラム開発と、テキスト作成を行い配布を予定しております。
県内の就労支援事業所で、「身だしなみ」講座を開催されたい方はすぐにご連絡お待ちいたしております。
こちらについてのお問い合わせもふくりびまでお寄せください。
ふくりび事務局 052-801-4490
info@fukuribi.jp
[PR]
by fukuribi | 2008-11-14 14:27 | 実績のご紹介
CIAC(財団法人中部産業活性化センター)、PSC(NPOパートナーシップサポートセンター)が開催する「企業&NPO協働アイデアコンテスト」の第一次審査を通過し、12月17日(水)に行われる最終選考会にてプレゼンテーションを行うことになりました。

最終選考会では、参加者の皆さまもアイデアに投票することが可能です。

☆★☆ 以下協働アイデアコンテストチラシより抜粋☆★☆
 企業とNPO。両者がその長所を生かし、お互いの弱点をカバー
しながら、一緒に社会貢献を実現する―
そのきっかけを協働アイデアコンテストに見つけに来ませんか。
 3回目の今回は、中部5県のNPOから21の協働事業のアイデアが集まりました。
その中から書類審査を通過したNPO5団体が、
企業のみなさまに「企業とNPOが一緒に取り組める事業のアイデア」
を提案します。
 参加されるみなさまも審査員です。
こんな事業ならやってみたい!これは面白い!
と思うアイデアに1 票を投じてください。

お申込み及びお問合せ先  財団法人中部産業活性化センター(CIAC)
 〒461-0008 名古屋市東区武平町5-1 名古屋栄ビル10F
  TEL:(052)961-7650 FAX:(052)961-7670 URL:http://www.ciac.or.jp
[PR]
by fukuribi | 2008-11-13 19:33 | 実績のご紹介
NPOぎふママネットの代表 藤村良弘さんとお会いしました。

ふくりびでは「一周年記念誌」の発行を予定しており、その編集などを
ぎふママさんにお願いしようと考えております。

NPOとNPOの新たな関係のモデルとなるべく、継続して発行していける
そんなモノを企画しています。

何より魅力的なのは、NPO同士共通言語が通じるということ=あつい!!ということでしょうか。

何しろNPO活動家というのは「想い」が強く、暑苦しい(苦笑)
ビジョナリーという素敵な言葉で表現されることよりは、変わり者だと評価されることのほうが多いのではないでしょうか。

NPO×NPO=∞なのではと気づいていながら、具体的なかかわりが持てずにいました。

「そうか、うちの仕事の中で困っていることを、他のNPOにやってもらえばいいかも。」
「小さい事務局で仕事を抱え込むより、それぞれのNPOの課題を共有すれば、
お互いにとって効率がいいのかも。」

すなわち、ふくりびさんがぎふママさんに仕事を頼むことは、ぎふママさんにかかわっている
お母さんの就労支援にもつながるということ。
たくさんのママたちが「その人らしく生き生きと美しく働けるということ」
そして出来上がったものによってふくりびさんの活動の幅が広がっていくと、高齢者や障がい者の方も今まで以上に「その人らしく美しく過ごすことができる」ということ、また理美容師の働く場も増えて「その人らしく美しく自分の技術を生かして働ける」ってことです。

それって、ふくりびが目指す「誰もがその人らしく美しく過ごすことができる社会の実現」に近づいています!!

ふくりびは、直接的には介護課題の解決と理美容師の再就職支援を行っていきますが、
このように間接的に働くママを応援する、新しい仕事を創出することも目指していきますよ。

企業ともNPOとも行政とも連携して、どんどん「美しく輝くひと」を増やしていくぞー。
a0105397_1457246.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
「誰もがその人らしく、美しく過ごすことができる社会の実現」
ふくりびは現在、訪問理美容スタッフ、プロフェッショナルボランティアを募集しています。
訪問理美容・エンゼルメイク・介護・福祉・NPOに興味のある方はぜひ、ご連絡ください。
[PR]
by fukuribi | 2008-11-07 15:00 | お知らせ
この度、当協会理事長 赤木 勝幸が社会貢献支援財団の平成20年度社会貢献者表彰の受賞者に選ばれました。
[社会貢献者表彰]
社会貢献支援財団(会長 日下公人)は、「平成20年度(第38回)社会貢献者表彰」の受賞者を発表した。
同財団は日本財団の助成を受け、社会の各分野で顕著な功績を挙げながら、社会的に報われる機会の少ない方を対象に、昭和46(1971)年以来、毎年秋に社会貢献者表彰を行っており、昨年までの表彰件数累計は、1万1千7百件以上に上っている。

25年にわたるNGOオイスカの農業留学生へのボランティアカットと14年前からの「訪問理美容」活動が評価され受賞に至りました。

「こんな名誉ある賞を頂けるなんて!!」
これを機に今一度初心を思い出し、「はさみ1本でみんなを笑顔にしたい」と
ますます活動に精が出る赤木さんなのでした。

11月17日に東京で行われる授賞式については、後日ご報告させていただきます。

いつも応援して頂きありがとうございます。皆様のおかげでNPOふくりびは設立1周年を迎えます。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
「誰もがその人らしく、美しく過ごすことができる社会の実現」
ふくりびは現在、訪問理美容スタッフ、プロフェッショナルボランティアを募集しています。
訪問理美容・エンゼルメイク・介護・福祉・NPOに興味のある方はぜひ、ご連絡ください。

ふくりび公式HP
a0105397_197554.jpg

[PR]
by fukuribi | 2008-11-03 19:10 | お知らせ