ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私、今年で25歳になりました。

もう、大人です。

お肌の曲がり角に突入です。が、より若々しく元気に、利用者さんに笑顔を届けていきたいと思います。

今年一年は、技術面でも、人としても2ランクUP(欲張り?)くらい出来るように

頑張りまうす(^◇^)
[PR]
by fukuribi | 2008-01-31 22:56 | スタッフ自己紹介
訪問理美容師のリーダー「るみ」です

様々な施設へお伺いし、職員さんや、利用者様に支えられて活動しています。

先日も訪問先の、たいようの杜の職員さんが、理美容の担当者不在で慣れてないのに、段取りよくしようと一生懸命連れてきてくれ、リクライニングの車椅子の利用者さんの状態をそれぞれ教えてくれました

施設の方やご家族がいろいろな事を教えて下さいます。
おかげで、毎日利用者様から「ありがとう、綺麗にしてくれて」と感謝の言葉を頂けます。
「こちらこそ、ありがとうございます」

今年は、利用者様にも、ご家族の方にも、そしていつも励まして下さり、相談に乗って下さる強い味方介護職員さんや、看護士さんにそして、仲間のスタッフに感謝の気持ちをばんばん伝えていきたいと思います。

「感謝を伝える」が今年の目標!!
a0105397_17292751.jpg

「また、いろいろ教えて下さいね、ありがとうございました」
[PR]
by fukuribi | 2008-01-25 17:31 | スタッフ自己紹介
オールアイシンNPO活動応援基金
http://www.aisin.co.jp/news/citizen/071005.html

の助成団体に選ばれました!!

助成事業のタイトルは「やっとかメールプロジェクト

詳細は現在、社外秘(おおげさ((+_+)))なのでまた書き込みますが、
心温まる素敵な企画です。
皆さんにも喜んで頂けると思います。

企業の応援、とても力強いです。
ありがとうございました。

2月に寄付金贈呈式があります。
様々な活動をされている他のNPOの方ともお逢いできるので楽しみです(^O^)/
[PR]
by fukuribi | 2008-01-18 14:44 | 実績のご紹介
先日、今春90歳になる祖母に会いに行きました。
一昨年まで同じ屋根の下暮らしていましたが、諸事情で今は施設で過ごしています。

どさん子で、
20歳離れた祖父と結婚後は東京・門前仲町で暮らし
4人の子を育てました。
からだが丈夫で、かぜなど滅多にひきません。

若いころは、なかなかの器量良しで、化粧気もなく石鹸でお顔を洗うくらいでしたが
今でもお肌つるつる・しみもあまりなく、本当にうらやましいくらい。

かわいいものが大好きで、ぬいぐるみや細かなマスコットなどいつも持っています。


  「おばあちゃん、今度髪を切ったらそめてみようか?」
             「う~ん、もういいわぁ、何にもしなくていいの。」
  「それならお顔のマッサージしようか、気持ちいいよ~」
             「はずかしいわぁ~」

そんなやりとりの中、祖母はずっと私の手をさすってくれていました。
かじかんだ手と手がふれあい、どんどん温かくなっていきます。


今年はNPOの活動を通して、また訪問理美容の活動を通して
手のあたたかさを伝え合うようなふれあいを、ゆっくり・じんわり大切にしたいと思います。

祖母の笑顔が私の笑顔であるように、たくさんの笑顔に出会えたらいいな・・
a0105397_10385210.jpg

[PR]
by fukuribi | 2008-01-16 10:41 | スタッフ自己紹介
☆謹賀新年☆

2007年は大変お世話になりました。
昨年は、実りある一年で毎日がとても面白く充実していました。
たくさんの方とお逢いして、いろいろな事を教えて頂きました。
いろんなチャンスを頂き、チャレンジが出来たことをとても感謝しております。

2008年は
「ふくりび」活動を、たくさんの方に知って頂き、そして参加して頂く為に
いっぱい工夫し、いっぱい努力して行きたいと思っております。

2008年皆様にとって、そして私たちふくりびにとって素敵な一年になりますように
カンパーイ!!

a0105397_20172145.jpg

[PR]
by fukuribi | 2008-01-05 19:52 | スタッフ自己紹介
a0105397_275373.jpg
髪おしゃれに 81歳の笑顔


鈴木さんの髪をカットする平林さん(愛知県日進市で)=川口武博撮影

 「新婚旅行で行ったタイでゾウに乗ったんですよ」

 「私の時代は海外なんて……。熱海だったわ」

 美容師の平林舞子さん(24)は今月10日、愛知県日進市の鈴木和子さん(81)宅で、はさみを動かしながら、耳元で話しかけた。NPO法人「全国福祉理美容師養成協会」から派遣された。初めての一人だけでのカットだ。「切りすぎるなよ」「すくだけだぞ」。理事長の赤木勝幸さん(39)が、鋭い視線を投げかけた。

◆  ◆  ◆

 実家の近くに、化粧を忘れず、小ぎれいなおばあちゃんがいた。よく家に行って、お菓子を食べながら、学校のことを話した。そのおばあちゃんが中学3年生の時に入院し、秋に74歳で亡くなった。ほお骨が浮き上がるほどやせ、笑顔が消え、「女じゃない」と悲しそうな横顔を見せた。何もしてあげられなかったのが、心にひっかかっていた。介護福祉士として老人ホームに就職したのも、おばあちゃんの影響かもしれない。

 2003年の夏、ボランティアがお年寄りに花柄の浴衣を着せ、平林さんが化粧を施したことがあった。いつもは背中を曲げ、手押し車に寄りかかっているお年寄りが、背筋を伸ばして歩き、洗面台の鏡に映った姿を見てはにかんだ。怒りっぽかった別のお年寄りは、化粧をすると表情が和らいだ。「きれいだね」と声をかけると、「あんたもきれいだがね」。

 おしゃれの大切さを実感した。「美容師ならお年寄りのおしゃれ心を満足させられるのでは」と思った。死んだおばあちゃんも喜んでくれるような気がした。

 老人ホームを辞め、05年春に美容学校に入学。午前中は二つの老人施設でアルバイトし、夕方から学校に通う生活を2年間続け、今春、国家試験に合格した。

 赤木さんの存在は学校の張り紙で知った。愛知県日進市で理美容店を経営する傍ら、訪問理美容のボランティアを10年以上続けていた。「自分がきれいにしてあげられるのは頑張っても月300人」と、後輩の育成にも尽力していた。迷わず赤木さんの店に就職した。

 休日を利用して訪問理美容を続け、赤木さんが11月にNPO法人を発足させると、理美容師には車いす上での姿勢の直し方、介護福祉士にはシャンプーの仕方などの講義をしている。

◆  ◆  ◆

 鈴木さんのカットにかけた時間は約30分。「座っているだけで体力が奪われるから」と、15分ほど短縮した。

 こんな時も介護福祉士の経験が生きる。「家でやってもらうと落ち着くわ」。鈴木さんはそう言って、お礼に柿をくれた。

 名古屋市天白区の自宅には、おばあちゃんの形見の洋人形が飾ってある。「初めて一人で訪問理美容をしたよ」。人形にそう報告した。体調を気遣いながら、整髪ができる美容師になりたい。「夢が目標になった」と思う。

 もらった柿は、もったいないような気がして、1週間以上もテーブルの上に置いたままだった。(館林千賀子)

(2007年12月22日 読売新聞)
[PR]
by fukuribi | 2008-01-04 02:08 | 実績のご紹介
あけましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

今年はふくりび一同にとって記念すべき、NPO活動初年度となります。
今後の活動の基盤を作る大切な一年です。

「和」を重んじ、ネットワークの「輪」を広げていきたいと思っております。

「期待を裏切らない男―赤木」2008年の活躍に、
a0105397_0584314.jpg

こうご期待!!
[PR]
by fukuribi | 2008-01-04 00:59 | スタッフ自己紹介