ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

愛知淑徳大学で講義を担当しました

11月4日(水)
愛知淑徳大学長久手キャンパスにて「障がい者支援ボランティア入門」の授業の
一環として、「障がい者就労支援身だしなみ講座について」のお話をさせていただきました。
50人を超える学生さんに、ドキドキしつつも、障害者雇用の現状の説明から、身だしなみ指導の
必要性、実際の指導風景など、など、
a0105397_9333627.jpg

最後はワークショップで6チームに分かれて、「指導上の工夫」を話し合ってもらいました。
新しいアイデアも飛び出し、非常に参考になりました。
a0105397_9342358.jpg

実際活動をしている人の話を聞くことで、普段接する機会が少ない「障がい者」について
「相手の立場に立って真剣に考える」そんな時間を持ってもらえたらと思っています。
a0105397_9345622.jpg


「誰でもできる社会貢献」
福祉の専門家だけが、障がい者や高齢者の支援を考えるのではなく、みんなが少し、
意識を持ってくれれば、それで特別な支援は必要なくなるのではないでしょうか?

私の美容学校時代の友人Aちゃんはいつも明るく、やさしく、とても可愛い娘で、
とても人気があった。
私が障害者就労支援をしている話を知って、二人でお茶をしているときに、
知的障害を持つ姉のことを、打ち明けてくれた。
Aちゃんの彼氏は、Aちゃんが学校に行っている間に、Aちゃんの代わりに、
Aちゃんのお姉さんと二人で映画を観に行ったり、買い物に行ったりするそうで、
Aちゃんは彼氏にとても感謝をしていた。
20歳そこそこの学生である、Aちゃんの彼氏が、AちゃんとAちゃんの家族の
助けになっていることに、感動した。
そして、彼を心から尊敬している。
あんなに優しい心を持った礼儀正しい青年は、なかなかいないと、
小悪魔Aちゃんにはいつも「逃げられないように!!」と釘を刺した。
もうすぐ、結婚すると聞いている☆よかった、よかった。

たとえば、おしゃれな服屋さんの店員さんが、就職活動用のスーツを買いに来た
障害者にわかりやすく説明をして、一緒に選んでくれたら…。

たとえば、化粧品屋さんのお姉さんが、障害者に簡単なメイクの方法を教えてくれたら…。

たとえば、あなたが社会に出て、職場に障害者が一緒に働いていたら、お昼休みに
一緒に雑誌を見て、ファッションコーディネートや流行りを楽しく教えてくれたら…。

少しだけ、気負わず、誰かの助けになるように動いてみたら…。
「一日一善」
小さいことをコツコツと

年に一回だけでも十分。
今日からはじめてみよう、いつの間にか自分もすごく楽になる。
[PR]
by fukuribi | 2009-11-06 09:35 | 実績のご紹介