ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2012ボランティアツアー レポート 9月4日(火)午後 ①

ツアー2日目植林の後は、昨年も訪れたガササグマというマザーテレサのチャリティーホームへ
ここは高齢者・障害者など身寄りのない方のケアを行っている施設です。
a0105397_16385839.jpg

フィリピンでは、高齢者は基本的には在宅ケア(というか家族がみるのが普通)で
日本のような公的な介護サービスは無いようですので、教会などのチャリティー施設が
独自でケアセンターのような施設を作っていますが、数も少なく、財政面でも運営が厳しいようです。
インドでもそうでしたが、介護が社会化されておらず、仕事としてはお手伝いさんが、家事をやりながら
家にいるお年寄りの世話もする程度のイメージです。
認知症などの理解も進んでおらず、現在は高齢者問題はさほど深刻ではありませんが、
中国などと同様の問題を抱えて行くと考えられます。

新興国では、孤児院やストリートチルドレンの問題ばかりに目が行きがちですが、
ふくりびでは、障害のある方や、高齢者の方々にも「その人らしく美しく」過ごしてもらえるよう
微力ですが、何か出来ることをと考えています。
a0105397_1636251.jpg

a0105397_16382100.jpg

理美容チームはカットやネイルを
学生チームは折り紙などをして交流しました。
a0105397_16315698.jpg

今回は理美容師参加者が多かったため、
たくさんの方のカットができました!!
a0105397_1615481.jpg

最初カットするのを嫌がって、おばあさんがいなくなってしまったのですが、
着替えてきて「カットして欲しい」と言ってくれたそうです。
きっと特別な事なので、きれいな服でないと失礼だと思ってくれたのでしょう。
「せっかくキレイにしてもらうのに」という女心、年をとっても国が違っても同じです。

a0105397_16202392.jpg

ネイルでも透明のトップコートを塗って差し上げたおばあちゃんが、
帰り際に「本当に嬉しかった、幸せな気持ちになった、こんなにしてもらってありがたい」
と言ってくださったそうです。
担当したネイリストは、「こんな少しの事をしただけなのに本当に喜んでくれて、
ネイルをして嬉しいという、ネイリストとして原点の気持ちを思い出した。」と言っていました。
a0105397_16143494.jpg

a0105397_16272770.jpg


ボランティア活動が初めてという参加者も多かったので、認知症や障害のある方と
接するのに最初は緊張してしまいますが、そこはやはり皆さんプロフェッショナル!!
言葉の壁もやすやすと越えて、すぐに笑顔が広がっていきます。
ここが美容の持つすごい力だと改めて実感しました。
老若男女問わず、国も言葉も文化や宗教の違いも越えて、笑顔が広がっていきます。
a0105397_16425224.jpg

4日午後②孤児院訪問に続く…
[PR]
by fukuribi | 2012-09-22 16:43 | 実績のご紹介