ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ふくりびセブボランティアツアー 9月6日

2日目は、セブ教育大学(CNU)にて学生との交流、ディスカッション、フィリピンの歴史などの
講義などなど
ダンスや歌も披露して頂きました。
a0105397_20422028.jpg

生徒たちは皆優秀で、日本の文化にすごく関心があります。
フィリピンの小・中高・大は、6・4・4ですので、16歳から大学生
生徒会長と生徒会役員の皆さん
a0105397_2044543.jpg

a0105397_20482025.jpg

お昼御飯はめいいっぱい英語を使いながらのLUNCHTIME
あちこちで笑い声が聞こえていました。さすが、(株)ワクワークの英語教師陣!!
a0105397_20495194.jpg

マザーテレサのチャリティーホームへ移動
a0105397_20522581.jpg

身寄りのない高齢者・障害者の入所施設です。
★美容チームはカットボランティア
a0105397_20535250.jpg

見よ!この汗!!
a0105397_20551956.jpg

セブ語⇒英語⇒日本語でカウンセリング
a0105397_20564676.jpg

★福祉チームはハンドマッサージや折り紙、シャボン玉など
a0105397_20582383.jpg

a0105397_20592038.jpg

それぞれがそれぞれの出来ることで、精一杯ボランティア活動をしました。
チャリティーホームで、シスターからお話しを伺いました。
日本からボランティアに来た私たちにこんな言葉を下さいました。

Gasa sa Gugmaというホームの名前は「愛の贈り物」という意味です。
あなた方は私たちに愛をたくさん下さいました。
これからもたくさんの人たちに「愛」を与える活動を続けてください。

「愛を与える」という表現は宗教的かもしれませんが、国も人種も言葉も
分野も越えて活動する、基本だと感じています。
日本での活動を続けていて辛いことがある時に、マザーテレサの愛の言葉を
読み返します。
「たいせつなのはどれだけたくさんのことをしたかではなく、
どれだけ心をこめたかです」
「愛されるよりは愛することを」

私は特別な信仰や宗教をもっていません。
しかしながら、「愛」ならば持っています。
家族への愛、仲間への愛、社会への愛、日本への愛
地球への愛
大袈裟かも知れませんが、そんな事を再考する良い機会となりました。

どれだけ「愛」を与えられる活動ができるか?
日本だと少し照れくさい感じがしますが、今の時代に最も必要なことかも知れません。

「もし本当に愛したいと願うなら、許すことを知らなければなりません」
a0105397_21184272.jpg


2日目夜に続く…
[PR]
by fukuribi | 2011-09-12 21:19 | 実績のご紹介