ふくりび理事長☆赤木と事務局長☆岩岡の活動日記です。


by fukuribi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

障害者支援ボランティア入門@愛知淑徳大 長久手

a0105397_16182612.jpg

何の授業でしょう?

「困難な状況で頑張っているときに、周りからどういう声かけをされると
嬉しくて、どういう言い方をされると落ち込むのか、イライラするのか」の体験です。
今回はほめ上手の女子学生チームが好成績でした。
「落ち着いてやればできるよ」
成功したときには
「すごい、上手いねえ」

一方、応援するメンバーが
「早く、早く、頑張れ!」と急かしたり
「お前、下手だなあ」とイライラしたり、
していたチームは挑戦者も途中で、イライラしてしまい、
後で感想を聞いたところ、
「一所懸命やっているのに、早く早くと言われて、ムカついた!」
と言っていました。

障害を持つ方への支援をするとき、私たちは
「出来る」、「出来ない」のチェックだけにならないように、
わかりにくいこと、苦手なことをどう伝えるとわかりやすいのか、
楽しく学べるのか、前向きに頑張れるのか、をとても重要視しています。

どうしても支援の現場ではネガティブなところに目が行きがちですが、
「一日一褒め」でポジティブな支援をしたほうが、モチベーション上がりますよね。

身だしなみや見た目は声をかけやすい、コミュニケーションのきっかけとなりやすい
キーワードで、しかも誰でも支援ができます。
ちょっと一緒に口紅を選んであげてください。
ちょっと、雑誌を見ながら流行りの服装や髪型について、話をしてください。
ちょっとだけなら出来そうですか?
誰でも、出来る「社会貢献」
きっかけはどこにでも、たくさんあります。

これから、色々な職業に就いて、色々な会社で、現場でどんなことでも出来ます。
若いって素晴らしい
社会貢献と仕事の二者択一ではありません。

「好きなことを仕事にする」これなかなか難しいけど、出来る!!
「仕事で好きなことをする」なんか、出来そう??
「自分の得意を活かして、地域で役に立つ」これは絶対出来る!!

レポート読ませていただき、それぞれの想いに感動しました。
若い皆さんから、パワーをもらいました!!

a0105397_17224719.jpg

「継続は力なり」
あきらめずにやり続ければ、夢は必ず叶い、なりたい自分になれるはず。
毎日、一歩ずつ頑張ろう!
ありがとうございました。
[PR]
by fukuribi | 2010-12-08 17:23 | 実績のご紹介